海外「これが日本刀を産み出した国の遺伝子か・・」日本人投稿者が錆びた包丁を研ぐ動画が話題に

スポンサーリンク

錆びた包丁を研ぐ動画が海外で話題に

日本人の投稿者の方が骨董品店で買ってきた錆びた包丁を研ぐ動画が海外で話題となっています。

投稿者の方は18時間もかけて錆びた包丁をピカピカの包丁に磨き上げています。

何種類もの砥石を変えながら包丁を磨いていて、とても手間がかかっているように見えます。

スポンサーリンク

おしぼりやスポンジも楽々切断

動画の最後のほうで、磨き上げた包丁でおしぼりやスポンジを軽々と切っていて切れ味が抜群になっているのがわかります。

あんなに錆びだらけでもう復活不可能に見えた包丁をこれほどまで磨き上げるのはとてもすごいことですね。

以下、海外の反応

・思わず見とれてしまったよ

・包丁を研ぐだけなのにどうしてこんなにも魅力的で面白いんだろうか

・こういう種類の動画を見るのは大好きだよ

・日本人は本当にものを大切に扱うね。大学のときの友人だった日本人留学生もモノを大切に扱うし掃除も好きだったしすばらしいよ

・新品の時よりも切れ味いいんじゃないかな

・砥石ってあんなにたくさん種類あるんだな

・これが日本刀を産み出した国の遺伝子か

・僕も包丁を研いでみようとキッチンに行って包丁を取り出したらママに怒られたよ

・こういうことできる人は尊敬できるわ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする